CIBONE 15TH ANNIVERSARY EXHIBITION

2016年11月に15年を迎えたCIBONEは、これまでたくさんの物、そして作り手たちと出会うことができました。
その中で培ってきた人と人とのつながり、その過程から生み出された物の多くが、
人々にとって長く愛でることができる強度を持っていることに気づきました。

New Antiques , New Classics

それは、人間が物と付き合い始めた長い歴史の中から学び取り、限りある素材と真摯に向き合うこと、
日々の暮らしに必要であるべきものを作り続けること、
そして未来を見るということ。

私たちは、これからも一緒に歩んでいきたい作り手たちそれぞれが思う
New Antiques , New Classicsへの言葉とともに、新作や別注を含めた彼らの作品を展示、販売いたします。
言葉や形は違えど、彼らが日々生み出している物は、
これからの私たちの暮らしに寄り添ってくれる存在になっていくと確信しています。


Through its 15year history, CIBONE has been grateful for the opportunities of encountering many products and its designers.We have noticed that products born along the process of creating personal relationships have the strength to be loved longer.

New Antiques, New Classics.

We have selected designers that we would like to continue to take hands with. Along with their comments and thoughts about “New Antiques, New Classics” we will be exhibiting works both new and custom made for CIBONE, all available for purchase. Regardless of the difference in shape and language, we are confident that works created by these designers will be the ones staying along side our coming lifestyles.







CIBONE Creator's Voice : 8 DESIGNERS "New Antiques, New Classics"

CIBONEが出会った、8名の作り手たちがそれぞれ思う
NEW ANTIQUES, NEW CLASSICSへの言葉。
Movie Director: Genki Ito (http://itogenki.com/)
*字幕のON/OFFが設定できます。

MOVIE

Piet Hein Eek

minä perhonen

Philipp Mainzer

JO NAGASAKA

GamFratesi

Sebastian Herkner

WORKSTEAD

TEPPEI ONO

Studio Drift

Formafantasma

あなたにとってのNew Antiques, New Classicsとは。
What does New Antique, New Classics represent for you?

EXHIBITION参加デザイナーからのメッセージ

Piet Hein EekNetherlands
http://www.pietheineek.nl/en

その作品が良いかどうかは歴史のみが知っていることであり、このことにエネルギーをつぎ込む事は、ほとんど無意味だと思います。自分のベストを尽くす努力をすることの方がずっと論理的だと思います。もし可能なことをやりつくし、それでもまだ改善の余地があっても少なくともベストは尽くしたのです(笑)

最も良い事は物作りに注力することであり、さらにもっと美しいものを生み出すことです。私は常に何かを作る事に集中する努力をしています。世界が私をどのように思っているかは考えないようにしています。
毎日それができているのであればそれ以上良い事はありません。
私は今やっていることをやらせてもらえているだけでとても幸せなのです。私は幸運だと思っています。

History will tell if a designer was good or not. But it’s almost senseless to put your energy in this. It’s much more logical to do your best. If that is what you have been able to do, and it is not good enough, at least you've done your best. (laugh)
The best thing is to put this energy just in creating more beautiful stuff. So for me I always try to focus on actually making, and not in thinking about what the world thinks about me.
If you do that everyday of your life it is the best thing you can have. So I'm very happy and fortunate just being allowed doing what I do.

minä perhonenJapan
http://www.mina-perhonen.jp/

物も生きてる。僕はそう思っています。
そして物の命の寿命は作り手の想像と技の力、そして使い手の見立てと愛着によって決まるのではないかと思っています。
アンティークと呼ばれる長寿な物はその条件を普遍的かつ独創的な存在感を内包しているのだと思います。これからの物作りがその様な魅力を持った物でありたいと作り手も使い手もあらためて感じている様な気がしてます。
私達はある意味物よりも短い命の存在として謙虚にそして物との対峙を慈しみ向き合っていくことが暮らしにおいて大切な心持ちだと思ってます。

I believe objects have lives.
The life of an object is decided by the imagination and the workmanship of the creator, the attachment and the judgment by the users. The so-called antiques are things that capsulate these requirements along with a distinct presence. I feel that both designers and the users are starting to feel the need for objects with such characteristics and attractiveness. As a form with a shorter life, I believe that by facing these objects with humbleness and love will enrich our everyday lives.

Philipp Mainzer(e15)Germany
http://www.e15.com/en/

いいデザインとは見えないところにあると私は思います。当然ながらプロポーションや、構造、サステナビリティや素材の選定などは必須条件ではありますが、それぞれのプロダクトは独立しており、理想としては一見してもデザイン年が特定されないものがいいデザインだと思います。

例えば1920年代、40、50年代にFerdinand Kramer が手がけたデザインの再発は我々のコレクションにシームレスに溶け込みました。このように私たちはクラシックとモダンなデザインを融合させ、ある種のダイナミズムを生み出すのを楽しんでいるのです。各アイテムを引き離すとそれぞれが関連性のある後発品のように見えます。これによりプロダクトごとの素材のコントラストや背景の違いを際立たせることが可能なうえに、我々が構図のしっかりした絵を提供することを可能とします。
コレクションに含まれる各プロダクトは互いを尊重し合い、同時に他のデザイナーのプロダクトや年代の異なる家具と組み合わせることも可能です。家具業界にモダンで新しいクラシックプロダクトを提供するのことがe15の目標でもあるのです。

I believe that good design is one that isn’t visible. Of course proportions, construction, sustainability and material selection are essential but each product stands for it self and ideally you cannot see what year it was designed in. The re-edition of Ferdinand Kramer with designs from the 1920’s, 40’s and 50s’ for example was a seamless addition to our collection. We enjoy juxtaposing these classics with new modern designs to create a certain dynamic. If you isolate our products, they appear almost generic. This allows us to contrast materials and different heritages but overall we offer a well composed picture. Each product complements the other products in our collection and can still be combined with pieces from other designers as well as furniture from other eras. Contributing modern, new classics to the furniture world is an aim we have at e15.

Jo NagasakaJapan
http://schemata.jp/

デザインをする時に大事に思っているのが「知の更新」、知ることを更新するということを大事にしていて。
今まで知らなかったことを自分が知って、それによって作りたいという衝動ができてそれをみんなにも知ってもらう、それがデザインだと思っています。
デザインを考える時、昔の知恵というのを改めて参照して、それを現代にどうやって落としていくかを考えることが結構あって、誰が生み出したのかわからない知恵に対して結構リスペクトを置いているというのはあるかもしれないですね。

What I feel is important when designing is “updating knowledge”. To update by knowing.
Gaining new knowledge, gives me the motivation of creating and sharing with others. I think this is what designing is..
When thinking of a design, there are quite a few times where I refer to old knowledge, and try to adapt it to our modern life. I think I can say that I have quite a lot of respect towards old anonymous knowledge passed on.

Ronan & Erwan BouroullecFrance
http://www.bouroullec.com/

時間が経つにつれ、ごく稀にデザインが「デザイン・クラシック」と人々に呼ばれることがあります。
この呼び名は、そのモノが多くの人に受け入れられながらもオリジナル性を保っていることを、どことなく意味しています。そのモノはある種の永続性と控えめな雰囲気を含み、そこに存在しているようで同時にしない感じもあります。
この控えめさは我々が目指すところでもあり、ある意味我々が生み出すデザインが「クラシック」と呼ばれることは光栄でもあります。それを目的とすべきことではないと思いますが、ある種の正しさの証明にはなると思っています。

With time, some rare design projects become what people call “design classics”. This appellation somehow describes objects that become very well accepted by the public while keeping on being original at the same time. There is a kind of intemporality and subtleness in that objects. And the projects seem to be there and not there at the same time. This subtleness is something we try to achieve. In a sense, we would be really glad that some of our designs become “classics”. It is not a real aim, but it would be a proof that we achieved to reach certain justness.

Mae EngelgeerNetherlands
https://www.mae-engelgeer.nl/

自分のプロダクトが蒐集できるものとして捉えられることに喜びを感じます。美観は重要で、人を惹きつけるだけではなくプロダクトと人との間のつながりを生まなければなりません。
New Antiquesは私にとって世代を超えて引き継ぐことができるようなテキスタイル・プロダクトをデザインすることです。作られた年代を表すNew Classicsということにもなるかと思いますが、同時に長くモダンな状態を保つのです。

I like it when my products become objects to collect. It’s aesthetics is important, it has to attract people and creates the bond between product and person. New Antique, for me is to design textile products which people will cherish and keep from generation to generation. They will be New Classics because it will show the time period they were created in, but stay modern for a long time.

10¹² TERRA Japan
http://http://1012.co/

難解な気象データを専門家が解析し、分かりやすい記号に置き換え一般の人々に伝達するように、アーティストやデザイナーも、その時代における風潮や文化などを咀嚼し、作品として伝達していく必要があります。
そしてそれらの集積が、”物”としてだけではなく”事”として次の世界に残っていくと考えます。
なぜなら何百年、何千年にのぼる先人の膨大なアートワークの中に僕たちは存在しているのだから。

Like weather, a complex pile of data analyzed by specialists, but forecasted with simple symbols that everyone can understand, I believe artists and designers have the mission to interpret the customs and cultures of each era through their works.
Those works will not only be kept as physical objects but will be recorded as incidents to our next generation.
Because our existence is already based upon hundreds and thousands of years of artworks left from our ancestors.

DAIKEI MILLSJapan
http://daikeimills.com/

生物のように呼吸をし、時とともにシワを持ち、朽ち果てることを許容されること。

Something allowed to breath like a living form, wrinkle along with age, and to decay.

DRILL DESIGNJapan
http://www.drill-design.com/

クラシックとして生き残ってきたモノには「強さ」を感じます。それはわかり易さとは違う、もっと複合的な強さだと思います。ますます早くなる消費サイクルの大波に流されないために、強さを意識してデザインし続けることが大切だと考えています。

Objects that lived long enough to be considered classics have “strength” within them. Not the strength that comes from its comprehensiveness, but more of an overall strength. In this world of rapid consuming, I believe it is important to take in consideration such strength when designing.

GamFratesi Denmark
http://gamfratesi.com/

「クラシック」を定義するとしたら、それは長持ちするということでしょう。 長持ちするものにはそのものの質の良さと、人と製品とのコミュニケーションが根底にあると思います。 その製品との間に生まれは関係性は唯一無比のものであるから持ち続けたいと感じ、クラシックなものへと変化していくのだと思います。
「クラシック」という単語は母国語で長持ちすることを指します。
長く持つというアイデアは デザインにおいても大切な要素なので、そういったことについて考えるのはデザイナーの責任だと思います。
私たちの目標は 長く持つものを生み出すことです。

To define classic, it will be “long-lasting. So it means lasting time, which is based on a good quality, but also based on a communication with a product. A product you get a relationship with you, compared to another product, so, that's why you want to keep it. That's why it can also become a classic.
Literally, when we translate the word "classic", as Stine says, it means long-lasting.
And I think this is also an idea about design; not just about making a product for product, but a product that lasts through time. I think it's also a responsibility for a designer to have this focus in mind. So, when we creates an object; of course we never know, but this is actually, our goal to trying to make something that lasts in time.

Hender SchemeJapan
http://henderscheme.com/

デザインとして内包された余白を使い手が創造することにより、用途や意匠、モノとの向き合い方なども大きく変わり、作り手のモノから使い手のモノになっていくのだと思います。
作り手が余白をデザインすることにより、使い手の自由度は増し、デザインは終わらずに続き進化していくモノになるのだと思います。

I believe that by objects truly become the users, once the designer includes or creates a margin with in the design, which changes the function, form and relationship with the objects and the user.
When the designer includes a margin in his or her design, the freedom for the users will increase, enabling the design itself to keep evolving.

Ingegerd RåmanSweden
http://www.2016arita.com/jp/designers/ingegerd-raman

私はセラミックとガラスを素材として使っています。 両方とも、とても壊れやすいマテリアルです。
私がデザインするもののほとんどが使い勝手の良いものです。私にとって唯一大切なことはデザインしたものが使われることなのです。
日常的に使用するものなので、私がデザインしたものはそこまで長持ちするとは思えません…。
ただ、私のデザインは全てタイムレスなものだと思っています!
もし未来に私が作ったものが一つでも残っているのであれば、それがnew antiquesになっていることを望みます。

My material is ceramic and glass.
Two fragile materials.
Mostly everything I design is useful items. The only Important thing for me is that it will be used.
I don't think my items will last very long, because of daily use..
However I think all my design is timeless!
If there is any of my items left in the future I hope they will be the new antiques.

Koichi FutatsumataJapan
http://www.futatsumata.com/

私は、時代に影響されない強度を持った造形、それが生み出す機能や作り出す空気感に興味があります。
永く親しまれこれからも残ってゆくものというのは、きっと皆さんによって必然的に選択されてゆくのでしょう。 自分のイメージや協働する技術者を信じ、日々感じたことを糧に、創造し設計し続けることが今の私にできることだと思っています。

I am interested in forms and the functions that are not affected by time, and atmosphere created by them.
Objects that have been familiar and that will long last are probably the ones that are inevitably chosen by many.
To create and design based on what I feel through my everyday life and believing in what I image or the people I’m collaborating with is what I am currently capable of doing.

Konstantin GrcicGermany
http://konstantin-grcic.com/

我々が今クラシックだと感じているものは当時全て新しいものでした。
したがって、New Classicsは何よりもまず新しくなくてはなりません。
そしてクラシックという称号が得られるかは時間のみが知るのです。

All things we consider as classics were new at their time. Therefore, new classics have to be new before anything else. The accolade of becoming classics is something that time will tell.

Lex PottNetherlands
http://www.lexpott.nl/

New Antiques,New Classics はプロダクトデザインの進化を示しているように思えます。
私がデザインを行う際は長持ちするプロダクトを作り、時間、作り手や技法について何かしらの物語があることを意識しています。私にとってのNew Antiques はフォルムと機能、そして趣意です。これらの要素がバランス良く共存している時にクラシックになるポテンシャルを秘めています。最後は「時のみぞ知る」ですけどね。

New Antiques, New classics represent the evolution of product design to me. My intention when I design is to make products that last and tell something about the time, the maker and the technique that is used. To me a new antiques combines, form, function and content. If these qualities are balanced it has the potential of becoming a classic. Of course in the end only time can tell.

Michael AnastassiadesEngland
http://michaelanastassiades.com/

時間に負けることなく存在し続ける物のことです。独特であると同時に自己主張がなくてもいいほど、時の流れとは無縁である物です。そして経年経過とともに美しさを増すマテリアルが選ばれるべきでしょう。名声のためや美しく写真に収まるために作られたものではなく、我々の生活を豊かにするものなのです。

It's objects that manage to survive time. Distinct and at the same time discrete enough not to scream for attention. Where their material choice is such that they become more beautiful with age. That they are not just props for beautiful photography but living things that enrich our lives.

Scholten & BaijingsNetherlands
http://www.scholtenbaijings.com/

オランダのデザインの特徴としてあげられるのは、実験的であること、型にはまらないこと、革新的でミニマルかつユーモアがあること。 私たちのデザインの本質的な特徴の一つは個人の面影が残ることです。個人の働き方や表現方法など、物語が見える物が時間に取り残されることのないデザインだと思います。

The characteristics of Dutch Design are experimental, unconventional, innovative, minimalistic-and with has a sense of humor. One of the most essential features of our own work is a personal imprint. Objects that stand the test of time are always those in which you can see a story, a way of working or a personal expression.

Sebastian HerknerGermany
http://www.sebastianherkner.com/

デザインプロジェクトを始めるときにはそれが新しいクラシック・アイテムになりうるかなんてわかりません。しかし、使う素材について考えるのは重要だと思います。
私のデザインでは、真鍮や大理石、ガラスといった時間が経つにつれポジティブな経年変化をする素材を使うのが重要だと思っています。
そこから生まれたものは、とても正直なデザインに仕上がっていると思います。 独特なサステナビリティがあり、素材がオーセンティックであり、使用する人々にとって良きコンパニオンのようになるような要素が重要です。なぜならば私は2、3年しか手元に置かれないようなプロダクトはデザインしたくありません。より長く、そばに置いてもらえるものがいいのです。

At the beginning of a design project, you never know if it will become a new classic item.But I think it is very important to think about which material to use. For my work, it is important to use materials that get older in a positive way like brass, marble, glass.
The design results are very honest. It has its special sustainability, authenticity in the material. So that it becomes like a companion for the people using it. I don’t want to design products we just have for two or three years. I want something you have for a longer time by your side.

Shigeki FujishiroJapan
http://www.shigekifujishiro.com/

世の中、新しいものを生み出す事には積極的になり、存続させることにおいては意識が低いと感じる事が多いです。
時間が経っても良いものは良いという意識を持つ事はこれからの時代に非常に重要な事だと思っています。
"New Antiques,New Classics"という永続的にものを捉えていくという考え方に強く共感します。

I often feel that people are eager of creating something new, but lack interest in its sustainability.
What is good, stays good no matter when it was designed. This is an important way of thinking for the coming era.
I feel sympathy towards the philosophy of “New Antiques,New Classics”, for its persistent stance towards objects.

Stefan DiezGermany
http://www.stefan-diez.com/

時間はデザイナーが直面する要素の一つではありますが、そこに急かされる必要はありません。市場のトレンドに沿ったデザインを求め、デザイナーがその注文に征服される時、物の品質は落ちるものです。従いましてNew Antiques, New Classicsは表裏一体と言えます。片方は適切に処理されたプロダクトが持つ永続的な特徴の名称であり、もう一方はプロダクトのディテールへの関わりを犠牲にする、加速度的にプロセスを進めることへのリクエストです。

デザイナーたちよ、トレンドに従属することなかれ、評価というものは時間を超越した事象としてしか存在しないのですから。

Time is an element a designer has to work with, but not in a rush. When the market is looking for design to establish itself within current trends and designers subdue to this order, things suffer in their quality. Thus ‘New Antiques, New Classics’ is a coin with two faces: on the one side, it is the name for an everlasting character through accurate treatment of the product, but on the other side, a request of accelerating the process that sacrifices the subject’s relation to the details.
Designers: do not subordinate trends, as recognition only occurs as a timeless phenomena.

studio noteJapan
http://studio-note.com/

物があふれている世の中で、何となく買われて、何となく捨てられない物。

Even in this world with so many things, something that is for some reason purchased, and for some reason cannot be thrown away.

Teppei OnoJapan
http://www.une-une.com/

何年か先を見て、そこに革新的なものを作らなければいけないという感じではなくて、いま僕たちが暮らしている日常のなかで大事にしなければいけないものを、ただ淡々と体を使って作り続ける。
その繰り返しのなかから生まれてくるものだと思っています。

Different from the feeling of looking at the future and having to create something innovative.
Just creating things what we need and will treasure in our everyday lives, with our own hands.
New Classics and New Antiques are born by repeating such procedure of creation.

Teruhiro YanagiharaJapan
http://teruhiroyanagihara.jp/

未来に向かうために、過去と向き合う。
だけど、残してきたものを守ろうとしてはいけない。
革新を繰り返し、前に向かって進むことで、残すべきものが見えてくる。

Facing the past to move on to the future without being protective of what we left behind.
Moving forward by repeating innovations will clarify what is to be kept.

Yoshihisa TanakaJapan
http://nerhol.com/

日々暮らしていく中で当たり前のように存在する自然物は、太古の昔から脈々と受け継がれ、引き継がれてきた現代を表す最も注力しなければならないもので、そのあらゆる支持体となりうる形や思想や歴史と、真摯に向き合っていかなければならないと思っています。

Natural objects that exist in our everyday life are elements which were passed on from the ancient times, and aspects that portray the present we need to focus on. We need to confront with honesty, the history and philosophy and the fact that the form of these objects have the possibility of functioning as a support for various elements we engage with today.

WORKSTEADUSA
http://www.workstead.com/

単なる飾りや流行りのものを追い求めるのでは無く、頑丈で長持ちする素材を活用することに焦点を置いています。
その素材の用途を祝して 限界まで使い続けることで、実用性というものが生まれると思います。
そして素材と連動するように 時代を超えた要素を形でも表現するようにしています。
古いものからインスピレーションを得て考えたアイデアを全く新しい形で表現することを大切にしています。
なぜなら、少なくとも僕たちの作品が生んだ空間が、世代を超える持続的なものであって欲しいと願っているからです。

Rather than searching for a sort of ornamental or the things in trend or the moment, I think we are more focused on utilizing materials that are strong and durable, and really last.
And by celebrating the utility of the material, and using it as a basis for almost saying that’s enough, creates practicability.
We aim to create a form along with the material we choose that have a timeless essence.
For us, reaching back to past and letting that inspire us to represent an idea in a totally new way is very important.
Because we are hoping, at least with the work we make to create an atmosphere that is timeless, lasting and sustainable.