NEWS

2018.08.21

SIWA / SAMIRO YUNOKI

SIWA SAMIRO YUNOKI FLAT BAG

SIWA / SAMIRO YUNOKI
FLAT BAG

取扱店:CIBONE CASE (GINZA SIX 4F)

SIWA|紙和の10周年を記念して、染色家の柚木沙弥郎さんに5つの柄をSIWAの紙、ナオロンに型染めしたバッグです。
柚木さんが制作されたサイズをそのままに、ナオロンにシルクスクリーン印刷を施しています。
柄をいかしたバッグのデザインは、SIWAのデザイナーである深澤直人さんが手がけています。

柚木さんは、皆さんの生活の中で使っていただきたいと仰います。
この機会にぜひ生活の中にアートを取り入れてみてください。


SIWA|紙和
千年の歴史ある和紙産地、山梨県市川大門の和紙メーカー 大直が、紙の可能性を広げる日常品「SIWA|紙和」シリーズを工業デザイナーの深澤直人さんと一緒につくりました。深澤さんは大直が開発した破れない障子紙「ナオロン」を、くしゃくしゃにすることで新たな風合いがでることを見いだし、その優しさを生かした日常品のデザインを提案しました。「SIWA|紙和」という名前は、紙のしわと和紙の反対読みの紙和という意味があります。和紙を丹念に精製し、革を縫製するようにひとつひとつ丁寧に生産しています。

柚木 沙弥郎 Samiro Yunoki
1922年東京生まれ。美術史を学ぶため東京大学に入学するも、戦争で勉学が中断される。大原美術館に勤務した折に柳宗悦が提唱する「民藝」と出会い、染色家の芹沢銈介に弟子入りし染色の道を志す。以来、型染の第一人者として活躍。2008〜2010年にはパリで個展を開催。現地で好評を博す。2014年、フランス国立ギメ東洋美術館に70点以上の作品が収蔵。



L ¥9,000 / M ¥5,500 / S ¥3,000 (すべて税別)