NEWS

2018.01.25

CASE: 08 表と裏

表と裏

CASE: 08
表と裏

吉田直嗣 竹村良訓

1月31日(水) - 3月6日(火)

開催: CIBONE CASE (GINZA SIX 4F)

作家在廊日:2月3日(土)
 吉田 直嗣10:30-20:30、竹村良訓13:00-20:30

*2月26日(月)、27日(火)はGINZA SIX休館日となります。

依存 / 自立 可変 / 不変 過去 / 未来 過分 / 応分 拡散 / 集合 高 / 低
モノクローム / カラフル 白 / 黒 内 / 外 革新 / 伝統 欠如 / 完全 現実 / 空想
雑然 / 整然 実像 / 虚像 有機的 / 無機質 デジタル / アナログ 不変 / 変化 抽象 / 具象 
断続 / 連続 人工 / 自然 機能 / 作用 瞬間 / 永劫 曖昧 / 明瞭 躊躇 / 決断 静 / 動

表と裏

一方は、白と黒で完結され、凛とした佇まいを持ち、
それは使い手の心に、静かに、しかし確かに痕跡を刻んでいく。

そしてもう一方、多様、多彩な釉薬を操り彩られたものたち。
それは見るものの心を躍らせ、無闇に創造性を掻き立てていく。

吉田直嗣と竹村良訓
二人がつくるもの


一見、その特性は相反しているようにも思える。
しかしどちらもゆるぎない核を持ち、はっとさせるほどの美しさと存在意義を持つ。

さて、どちらが表なのか裏なのか
それは機能的なのか、もしくは審美的なのか
これからの暮らしを体言していくであろう形なのか、それとも伝統に基づいた確固たる形なのか。

どちらにも逆転しうる表裏一体の存在を持つ二人の作品、
上から覗いて見るなり、
持ちあげて見るなり、
どうぞご自由にお楽しみください。



吉田直嗣

吉田直嗣
1976年生まれ。東京造形大学卒業後、陶芸家黒田泰蔵氏に師事。
2003年富士山麓にて独立。白と黒の器を中心に制作している。
http://ynpottery.net Instagram

NAOTSUGU YOSHIDA
Born 1976. After graduating from Tokyo Zokei University, he studied under a ceramic artist, Taizo Kuroda. In 2003 he built his own kiln at the foothills of Mt. Fuji. Yoshida creates ceramics mainly in black and white.


竹村良訓竹村良訓

竹村良訓
1980年千葉県生まれ。2003年東京芸術大学大学院 保存修復学科(工芸)入学。
文化財修復を修め、同時に陶芸学科で古陶磁の研究・復元制作にも努める。
在学中に漆芸技法の応用による陶磁器・漆器修復の仕事をはじめる。
現在は陶芸作家、陶芸教室経営、修復家として活動中。
https://takemurayoshinori.jimdo.com Instagram

YOSHINORI TAKEMURA
Born 1980 in Chiba prefecture. In 2003 he entered Tokyo University of the Arts Graduate School of Conservation (Crafts). He studied conservation of cultural assets and simultaneously at the School of Ceramics, he pursued research and restoration of antique pottery and ceramics. He started working while in school by applying Urushi-art (Japanese lacquer) techniques for restoration of pottery and ceramics, and Japanese lacquer ware. Currently Takemura is a pottery artist, a manager of pottery classes and a pottery restorer.