Gallery

2018.01.05

EXHIBITION: 23 BORDERLESS

BORDERLESS

EXHIBITION: 23
BORDERLESS

1月17日(水) - 2月13日(火)

開催: CIBONE Aoyama

参加作家:
1月17日(水) - 1月31日(水)
小野象平
 *2月1日以降も作品の展示販売あり
 *1月20日(土) ・21日(日)11:00〜18:00 在廊

2月1日(木) - 2月13日(火)
浅井庸佑 / 石田誠 / 寒川義雄 / 郡司庸久・郡司慶子 / 永島義教 / 田宮亜紀 / 安永正臣


吸い込まれるような、いさぎよい青。

陽を浴び、土を踏み、恵みを食し、仲間と語らう。
そんな、人間らしい生き方から生まれ、何事の境界を定めることの無い、開かれる小野象平のうつわ。

言語や、固定された概念、文化を超越した中で、たどり着くのは素朴な人間くささからあふれる生命力です。
誰もがそれに触れることが許され、明日に生きる活力へとつながります。

今回のEXHIBITIONでは、小野象平の500点にも及ぶうつわと、気鋭の作り手による作品をご紹介します。




企画協力: 祥見知生(うつわ祥見 KAMAKURA)
Main visual: Gorta Yuuki

> 小野象平の作品の一部は、1月17日(水)11時よりCIBONE Online Storeでもご購入いただけます。


___________________________________________________



作り手の作品を手にするとき、そこに作り手が確かにいる、ということを感じられることがある。
あたたかみや優しさ、という数値にして示すことができないものを「もの」は静かに伝えてくれている。

人々が国境について口にするときよく言われる例えだが、おそらく本来、すべてのものに境というものは存在しない。
もしあるとしたら、それを作っているのは人間の心のほうだと。

作り手の仕事を間近にみて、彼らは自身が見つめている地平線を越えて行こうとしているのだ、と思うことがある。
ものつくりは、どこまで行っても終わりがない。
たどり着くところはそれぞれでも、彼や彼女の見ている彼方(かなた)をともに感じられるとき、
それらは輝き、やがて、手触りのあるものがたりを紡ぎだす。
祥見知生(うつわ祥見 KAMAKURA)


___________________________________________________








小野象平小野象平

土のこと
小野象平のうつわ作りは、山から土を掘り出すところから始まる。工房から車で約10分。軽トラでしか入れない山道を進んだところに、求める土がある。ここに決めるまでに、80くらいの場所の土を試したという。「同じ山のなかでも、こことあそこ、少し場所が変わるだけで、全然土が違うんです」

土は生き物。いつまでも性格はつかめない。わかったと思っても"こうきましたか"と何度も驚かされる。自分で掘っているから、余計に大事に思うんです、と教えてくれた。

小野象平小野象平

小野哲平
あるとき自分がろくろをひく映像を見て、その姿が父である小野哲平氏に似ていると思ったそう。意識はしていない、というが、やはり幼い頃から近くで見てきた様子が無意識に自分の動きに出ているのかもしれない、と振り返る。哲平氏とは、直接的な焼き物の話はしない。「仕事で会話している感じ」という。

小野象平小野象平

作陶
「夜にろくろをひくのが、いちばん集中できる」静かな工房のなかで、ひとり黙々と作陶する。自分と向き合う時間。自身をつくりこんでいる感覚に近い、と話す。

小野象平小野象平


小野象平から生まれる、吸い込まれるような青。多くのひとを魅了するこの色は、ケミカルなものでつくられた色ではなく、高知の赤土と木を燃してつくる灰の釉薬が結合した、自然の色。「無理がない、自然のなかから出る青」

photo: Akihide MISHIMA