Gallery

2018.04.25

CASE: 11 骨格


骨格

CASE: 11
骨格

5月9日(水) - 6月12日(火)

開催: CIBONE CASE (GINZA SIX 4F)

参加作家:
伊藤敦子 / 木村亜津 / 寺山紀彦 / 安永正臣 / 渡辺 遼 / AVM / Yamabe Hironobu / Wieki Somers

作家在廊日:
伊藤敦子 5月12日(土)、13日(日) 両日ともに13:00 - 16:30予定
寺山紀彦 5月20日(日) 13:00 - 17:00予定
*その他の予定に関しましては、決まり次第お知らせいたします。


それはたとえば人が生を終えたときに残る一欠けらの骨のように、
とても儚くも、芯の強さに心留めるべくもの。

いつしか見慣れていた形状が、人の意識から消え、本来の形は意味を成さないとさえ思える。
それでもなお感じられる生への灯火に人は敬い、心打たれ、より結びつきを求めるのである。

残された素材の骨格から溢れ出る、命の力強さと美しさによって。




CASE: 11

The Skeleton


Something delicate like a fraction of a bone after ones death. An ephemeral but strong object which we hold within our selves.

When a familiar form disappears from ones awareness, the original form at times can be considered meaningless.
Still people honor and are touched by the feeling of life, and reach out to bond with it.

Through the beauty and the strength which can be felt from of the skeleton of the remaining materials.




渡辺 遼渡辺 遼

渡辺 遼

安永正臣安永正臣

安永正臣

伊藤敦子伊藤敦子

伊藤敦子

寺山紀彦寺山紀彦

寺山紀彦

AVMAVM

AVM

木村亜津木村亜津

木村亜津

Yamabe Hironobu for edition HORIZONTAL

Yamabe Hironobu
for edition HORIZONTAL

YWieki Somers

Wieki Somers