SHOP/ACCESS

NEWS

2019.04.10

EXHIBITION: 34 KODOMO CIBONE

EXHIBITION: 34 KODOMO CIBONE

EXHIBITION: 34
KODOMO CIBONE
Be a Hero, Be a Princess
2019年4月26日(金) - 5月21日(火)

開催: CIBONE Aoyama
*最終日は17:00 展示終了 (20:00閉店)

作家在廊日:竹内俊太郎・寿印 4月27日(土) 13:00 - 17:00


こどもの頃、誰しもが一度は夢見る将来なりたいもの。

悪者をやっつけるヒーローになりたい、
きらきらしたドレスを着たお姫様になりたい。

大人の自分からすれば笑ってしまうようなことだけど、小さい頃の自分にとっては真剣に思い描いた夢だった。
絵に描いたヒーローやお姫様になれるのは、ほんのひと握りだけど、
その頃の強くて素直な憧れと意志を持って、将来を描きながら育ってほしい。

そんな想いが、今年4回目を迎えるKODOMO CIBONEのテーマです。


Visual Artwork: SHUNTARO TAKEUCHI


*CIBONE Online Storeでも、会期スタートにあわせて一部アイテムのお取り扱いを開始いたしました。

Online Store



SPECIAL WORKSHOP

加賀美 健と一緒にCIBONEのガラスに落書きしちゃおう!わくわくキッズグラフィティー教室 みんなで楽しぼーね

加賀美 健と一緒にCIBONEのガラスに落書きしちゃおう!
わくわくキッズグラフィティー教室
みんなで楽しぼーね

「KODOMO CIBONE」の特別企画として、お子さま向けのワークショップを行います。

街中や映画の中で見かけるグラフィティ。公共の壁やシャッターなどにスプレー缶やフェルトペンで落書きをするこの行為は1970年代に発足され、アートカルチャーに大きな一石を投じたものであることは違いありません。しかし、同時に社会問題ともなり、法律的には、むやみに落書きをすることは禁じられていることも確かです。

今回は、現代美術作家として活動する加賀美 健さんとともに、CIBONE Aoyamaのガラスの窓に、ペンを使って好きに落書きをしてしまおうというワークショップです。

街中はもちろん、なかなか家の中でも好きに落書きができないお子様のために、大きなガラスいっぱいに想像力豊かに落書きをしていただけます。

ワークショップ情報
参加費:3,240円(税込)
開催日時:5月18日(土) 13:00 - 15:00
所要時間:約1時間
定員:10名
特典:参加者には、加賀美さんによるオリジナルポスターをプレゼント

講師:加賀美 健
現代美術作家
1974年東京生まれ。国内外の美術展に多数参加。
ドローイング、スカルプチャー、 パフォーマンスまで表現形態は幅広い。 美術史をはじめ時事ネタなど世の中で起こる様々な問題、 カルチャーなどすべてのジャンルをジョーク的発想に換え美術作品 を発表している。2010年には代官山に古着、 オリジナル商品を扱う自身のお店『STRANGE STORE』をオープン。アパレルブランドとのコラボも数々展開されている。
kenkagamiart.blogspot.com Instagram (@kenkagami) Instagram (@store_strange)

事前にご確認ください

  • *対象年齢 4歳〜
  • *当日はペンを使用いたしますので、万が一汚れても差し支えない服装でご参加ください。
  • *付き添いの方のお席には限りがございます。ご了承ください。
  • *広報記録のために、CIBONEスタッフがワークショップの様子を写真撮影させていただく予定です。

>ご予約はこちらから *5月1日(水)11:00 受付スタート (Peatixサイトからのお申し込みとなります) >>





寿印さんと張子だるまに絵付けをしよう寿印さんと張子だるまに絵付けをしよう

寿印さんと張子だるまに絵付けをしよう

4/26(金)からCIBONE Aoyamaでスタートする「KODOMO CIBONE」にあわせて、
お子さま向けのワークショップを行います。
張子作手・寿印さんのつくる張子は、キャッチーでありながらも、
伝統的な昔ながらの素材と技術を継承し、
そして張子人形ならではの愛らしさをもちあわせた作品です。

今回は真っ白な張子のだるまとだるま用のお面に、それぞれ絵付けを行うワークショップです。
だるまには自身の似顔絵を、 そしてお面には将来なりたい自分を描いてもよいかもしれません。

伝統的な張子人形に触れながら、
お子様の創造性を存分に膨らますことができるワークショップとな っています。

ワークショップ情報
参加費:3,240円(税込)
開催日時:5月12日(日) ①13:00 - ②15:00 -
所要時間:約1時間
定員:各回8名

講師:寿印
郷土玩具セレクター。張子作手。
コレクション熱が高じ自ら張子製作を始める。 伝統的な技術と素材にこだわった物作りを心がけている。伝統を意識しつつも、ストリートカルチャーなど現代的で洋風なモチーフも織り交ぜながら、幅広い層に張子や郷土玩具の魅力を伝える活動を行っている。
Instagram

事前にご確認ください

  • *対象年齢 4歳〜
  • *当日は絵の具を使用いたしますので、汚れても差し支えない服装でご参加ください。
  • *付き添いの方のお席には限りがございます。ご了承ください。
  • *広報記録のために、CIBONEスタッフがワークショップの様子を写真撮影させていただく予定です。

>ご予約はこちらから *4月26日(金)11:00 受付スタート (Peatixサイトからのお申し込みとなります) >>





ボンポワンワークショップ

アカデミー・ボンポワンで建築を学ぼう

4/26(金)からCIBONE Aoyamaでスタートする「KODOMO CIBONE」にあわせて、
お子さま向けのワークショップを行います。
5月5日のこどもの日は、アカデミー・ボンポワンとコラボレーション。

世界中で愛されるフランス・パリ 発の高級子ども服ブランド、「ボンポワン」。
そんなボンポワンの銀座店と代官山店で毎月一回、開催しているのが「アカデミー・ボンポワン」です。

お子さまへフランス文化やクラフトに興味を持ち、
芸術的なスキルを発達させていけるようなコミュニティーとして昨年立ち上げられました。

このアカデミー・ボンポワンが、5月5日のこどもの日に限り、特別に開催されます。
建築家”ル・コルビュジエ”の世界を学んでいただき、ボンポワンオリジナルペーパーハウスを製作、
街づくりについて考えていただきます。

ワークショップ情報
参加費:2,500円(税込)
開催日時:5月5日(日) ①13:00 - ②15:00 -
所要時間:約1時間
定員:各回8名

講師:Audrey Fondecave オードリー・フォンドゥカヴ
アーティスト、エディター
フランス生まれ。「ラ・ガルリ・デ・ナカムラ」 で個展を開くなどアーティストとしての活動と平行して、「TOO MUCH Magazine」の編集、 アートプログラムのディレクションも行う。また、 子どものための美術教育者としては、フランスの子供服ブランド、 ボンポワンが主催する「アカデミー・ボンポワン」 のプログラムディレクションを担当している。

事前にご確認ください

  • *対象年齢 4歳〜10歳
  • *アカデミー・ ボンポワンはお子さまにカルチャーへの興味をもってもらうことだけで なく、芸術的なスキルを伸ばす場と考えています。お子さまへ手助けせず、自ら学んでいただくことを大切にしておりますので、講義中は離れて見守ってくださるようお願いいたします。
  • *ご家族の方は、店内でお待ちいただくか、DEAN & DELUCA カフェ 青山(CIBONE Aoyamaから徒歩1分)にてお待ちいただけるよう、無料のドリンクチケットを当日配布させていただきます。
  • *はさみを使います。
  • *広報記録のために、CIBONEスタッフがワークショップの様子を写真撮影させていただく予定です。


ボンポワン

Bonpoint (ボンポワン) について
1975年に創業以来、ボンポワンは子供服のクチュールハウスとしての豊かな経験と、パリのアトリエが持つ優れた技術のもと、上質な美しさとクオリティー、ディテールへのこだわりを追求し続けてきました。 愛らしいチェリーロゴのメゾンは、 独自のスタイルと繊細でポエティックな世界観でフレンチ・エレガンスを表現し、現在30か国で125店舗以上、日本国内には銀座、代官山など15店舗を展開しています。
(2019年4月現在)
*ボンポワンは、フレンチラグジュアリーブランドを包括するEPIグループに所属しています。
www.bonpoint.jp


>ご予約はこちらから *4月10日(水)17:00 受付スタート (Peatixサイトからのお申し込みとなります) >>





> PRESS お問い合わせ(株式会社ウェルカム CIBONE広報担当)