SHOP/ACCESS

NEWS

2019.10.03

CASE: 27 The Wunder Plants

CASE: 27 The Wunder Plants RIBBONESIA / 10¹² TERRA

CASE: 27
The Wunder Plants
RIBBONESIA / 10¹² TERRA

2019年10月16日(水) - 11月12日(火)
  • レセプションパーティー:10月16日(水) 18:30 -20:30
  • デザイナー在廊日:10月19日(土)、20日(日) 両日ともに12:00 - 17:00
  • 開催: CIBONE CASE (GINZA SIX 4F)

箱とリボン。

ギフトを贈るために欠かせない二つの要素です。
当然、その存在意義としては、贈り物の対象である中身の価値を高め、大切な思いに封をして、人の手に渡るために施された装飾です。

しかし、贈り物が手渡された瞬間に、互いは離れ、この二つの要素は意志を失くしたかのようにその役目を終えるのです。

そのことが、私は少し寂しいと感じたのです。

そこで、10¹² TERRAとRIBBONESIAは、今展示会において、箱とリボンの関係性にギフトとしての存在価値を与えることを考えました。

有機的なリボンは、まるでDNAの束がうねり紡がれるかの如く、神秘的な宝石のような架空の植物を形成し、直線のみで構成された硬質的なガラスの箱が、その自然の造形物を自身に取り込むかのように内包することによって、その宝石は輝きを失うことなく、極めて対象的な二つの造形から織りなす、一つの作品となりました。

人の思いを紡ぐリボン、その思いを大切に届けるための箱、改めてその存在価値を高めるべく、2組のアーティストによって届けられた、少し奇妙で、とても愛おしいと思える植物たちです。

RIBBONESIA
2010年に前田麦と吉川徹によって結成。アート作品を製作するための素材として、リボンに可能性を見出しました。リボンの形状が「互いに作用する」弾性力と引張力の「結果」として生み出される予想外の美しさは、どこか神秘的なものとの遭遇を思わせます。
ribbonesia.com
10¹² TERRA
2012年、妻沼大介・山田研一によりブランド設立。植物の根を観察しながら育てるステンドグラス製の水栽培用テラリウム、花器や家具などのオリジナル商品の制作と販売。その他、企画・空間演出、企業の商品開発からブランディングまでトータルでプロデュース & デザインしています。
1012.co

Main Visual Photo: Hideki Makiguchi